バイアグラを使っている人はカベルタも視野に入れてみてはどうでしょうか

EDで悩む人にとって、バイアグラは救世主ともいえる薬です。
元々は狭心症の薬として開発されましたが、EDにも効果があるという事が分かり、今や世界各国で利用している人がいます。
ただ日本国内に関して言えば、まだそれを手に入れようとすると病院で処方してもらうか個人輸入で購入するしかありません。
また、ED治療薬自体、EDそのものを改善するのではなく、対症療法なので性行為を行う時いつも服用する必要が出てきます。
薬価は処方してくれる病院によっても違いますが、大体1500円程度です。
ただこれは1シートあたりではなく、1錠あたりの価格なので注意しましょう。

kaberuta62薬としては結構高額な部類に入るバイアグラですが、確かにEDで悩む人にとってはガツンと効果を実感できるので、魅力的な薬とも言えます。
しかし日本人の平均的な年間の性行為回数は2007年の時点で年間48回程度なので、毎回バイアグラを使うとなると、1年間で72000円にもなるのです。
その金額を高い取るか取らないかは人それぞれですが、出来ればより安く済ませたいと思う人もいるのではないでしょうか。
そんな人にお勧めなのがカベルタです。
これはバイアグラのジェネリックとしてインドの制約会社で開発されました。
有効成分は同じですが、薬価自体はバイアグラに比べるとはるかに安くなっています。
その為、利用者の経済的負担もかなり軽減されると言っても過言ではありません。
勿論利用方法も注意点もバイアグラとほぼ同じです。
だから今までバイアグラを服用してきた人であれば、今まで飲んできたように飲めばほぼ問題は有りません。
ただカベルタは魅力的な薬ですが、日本国内ではバイアグラのジェネリックは一つも認可されていない為、病院で処方してもらう事は不可能です。
もし購入したいと思ったら、海外から個人輸入するしかありません。

この場合、時には偽物を購入してしまう事があるので、必ず正規品のみを取り扱っているところで購入する様にしましょう。
実際に海外のお店と取引をするのが不安な人は、輸入代行業者を利用するのが安心です。
カベルタ自体は日本国内では認可されていないので、流通はしていません。
しかし、流通していない薬で合っても、自分で服用する場合に限り個人輸入は認められています。
勿論服用もOKです。

ただ、処方箋がないので、責任の所在が自分自身となるので注意しましょう。
その為、体調が悪い時は服用しないようにするとか、食事の影響を受けやすいから空腹の時に利用するのは基本中の基本です。
また以前利用した時は平気でも、今回服用すると体に異変が起きてしまう可能性も否定できません。
調子が悪くなった時は服用をすぐにやめて様子を見る、そして良くならない場合は病院で相談しましょう。
また、カベルタはバイアグラに比べると安価な薬です。
その為、効果をより感じたいと言って規定量よりも飲みたくなってしまう事もあるかもしれません。

しかし過剰摂取は思わぬ副作用が出てしまう事があるので注意しましょう。
安全にカベルタを利用する為にも、個人輸入をする場合などは取扱説明書をよく読んで、用法用量を守って正しく利用するのが重要です。